無理をしないこと


すっぽんトイレのつまりが発生したときに、自分で直して良いものと、直せないもの、プロに頼むべきものがあります。確かに自分で努力して何とか直る場合もあるので無理はしないようにしましょう。まず原因がはっきりしている場合は、何がつまっているかが問題です。トイレットペーパーや排泄物などでも一気にたくさん流すとつまってしまいます。その場合、トイレのつまり用の「すっぽん」を使用して何回もすっぽんすっぽんとトライしてみましょう。少しずつ水圧で水が流れだすと、だんだん固まっていたものがバラバラになって、スポンと流れてくれることもあります。トイレのつまりの多くは、排出物やトイレットペーパーの流し過ぎなので、「すっぽん」は一家に1個は用意しておきましょう。

しかし紙おむつや、ティッシュペーパーを何枚も流してしまったという場合などは、自分で直すのは難しく、逆にますます水が溢れてしまうこともあります。他にも携帯などを落としたときにも、「すっぽん」では直せないものなので、業者に頼むことが必要です。基本的にはすっぽんやお湯などを使用して、溶かして流れるようなタイプのつまりだけしか、自分で直すことはできないと考えましょう。無理をすると汚い水が溢れてしまったり、原因がより面倒な状態になってしまうこともあります。そのため、ある程度「すっぽん」やお湯などを流してみて、駄目であればすぐに業者を呼ぶようにしましょう。トイレのつまりは絶対に無理しないことが基本です。