自分で直すなら


プロの業者トイレのつまりは基本的にはプロの業者の手に任せるのがおすすめです。しかし自分で直せる場合もあります。まず流した水が上がってくるときには、流したものがつまりを起こしている場合と、配管のトラブルによるものがあります。特に自分で直すことができるものは、排出物やトイレットペーパーをいつもより多く流したという自覚がある場合です。しかしそのようなこともなく、何故つまっているか分からないときには、自分で直すことは逆に避けるようにしましょう。また携帯や紙オムツなど溶かすことのできないものを流してしまったときにも、プロの業者に委ねなければなりません。

しかしほとんどのつまりは、排出物やトイレットペーパーの流し過ぎが原因なので、そのときには自分でトライしてみましょう。そのためにも「すっぽん」は購入しておきます。とは言っても原因にはいろいろな場合があり、配管の問題ということも十分考えられるので、原因の自覚がないときには必ずプロの業者を呼びましょう。さて自分で直すときには、熱めのお湯を流してみましょう。少し時間を置いてから「すっぽん」を使うと、つまったものが溶けて緩み流れやすくなっているものが一気に流れる可能性があります。