トイレのつまりの原因


トイレットペーパートイレのつまりは急に起こって、焦ってしまったという体験を持っている人は、意外と多いのではないでしょうか。トイレのつまりが起きれば、対処することはもちろん予防も大切です。つまりトイレのつまりが起こらないように注意しなければならないのです。トイレつまりの原因は排泄物やトイレットペーパーを流し過ぎたり、何かつまる可能性のあるものを流してしまったというようなことで起こります。しかし前触れがあることも多いので、そんな前触れが感じられたらプロに診断してもらうことも大切です。しかし実際には前触れもなく起こることも多いので、そんなときには焦らずに業者を呼ぶことを考えましょう。

前ぶれとしては以前から水を流すとゴボゴボという音がしたり、一瞬詰まったような状態になってから流れるようなことがあったり、どこかスムーズに流れないと感じることがあったりします。そんなときには近々トイレのつまりが発生する可能性が高いと考え、時間のあるときに業者の診断を受けましょう。トイレのつまりの原因を知ることで、今後の予防にもなります

トイレには水洗用のトイレットペーパー以外は絶対に流さないようにしなければなりません。柔らかいティッシュペーパーだったら大丈夫だと思っている人もいるようですが、ティッシュペーパーは水に溶けにくいのでつまる原因になります。また猫の砂もトイレに流せるタイプのものもありますが、1回に流せる量は極少量です。ついつい多く流してしまうと、つまりの原因となるので注意しましょう。また生理用品を流してしまうのは当然アウトですが、最近はお年寄りのオムツパンツの脱ぎ着でゼリー状のものを落としてしまうなど、つまる原因は意外なところにあります。