自分で直すなら

プロの業者トイレのつまりは基本的にはプロの業者の手に任せるのがおすすめです。しかし自分で直せる場合もあります。まず流した水が上がってくるときには、流したものがつまりを起こしている場合と、配管のトラブルによるものがあります。特に自分で直すことができるものは、排出物やトイレットペーパーをいつもより多く流したという自覚がある場合です。しかしそのようなこともなく、何故つまっているか分からないときには、自分で直すことは逆に避けるようにしましょう。また携帯や紙オムツなど溶かすことのできないものを流してしまったときにも、プロの業者に委ねなければなりません。

しかしほとんどのつまりは、排出物やトイレットペーパーの流し過ぎが原因なので、そのときには自分でトライしてみましょう。そのためにも「すっぽん」は購入しておきます。とは言っても原因にはいろいろな場合があり、配管の問題ということも十分考えられるので、原因の自覚がないときには必ずプロの業者を呼びましょう。さて自分で直すときには、熱めのお湯を流してみましょう。少し時間を置いてから「すっぽん」を使うと、つまったものが溶けて緩み流れやすくなっているものが一気に流れる可能性があります。

無理をしないこと

すっぽんトイレのつまりが発生したときに、自分で直して良いものと、直せないもの、プロに頼むべきものがあります。確かに自分で努力して何とか直る場合もあるので無理はしないようにしましょう。まず原因がはっきりしている場合は、何がつまっているかが問題です。トイレットペーパーや排泄物などでも一気にたくさん流すとつまってしまいます。その場合、トイレのつまり用の「すっぽん」を使用して何回もすっぽんすっぽんとトライしてみましょう。少しずつ水圧で水が流れだすと、だんだん固まっていたものがバラバラになって、スポンと流れてくれることもあります。トイレのつまりの多くは、排出物やトイレットペーパーの流し過ぎなので、「すっぽん」は一家に1個は用意しておきましょう。

しかし紙おむつや、ティッシュペーパーを何枚も流してしまったという場合などは、自分で直すのは難しく、逆にますます水が溢れてしまうこともあります。他にも携帯などを落としたときにも、「すっぽん」では直せないものなので、業者に頼むことが必要です。基本的にはすっぽんやお湯などを使用して、溶かして流れるようなタイプのつまりだけしか、自分で直すことはできないと考えましょう。無理をすると汚い水が溢れてしまったり、原因がより面倒な状態になってしまうこともあります。そのため、ある程度「すっぽん」やお湯などを流してみて、駄目であればすぐに業者を呼ぶようにしましょう。トイレのつまりは絶対に無理しないことが基本です。

トイレのつまりの原因

トイレットペーパートイレのつまりは急に起こって、焦ってしまったという体験を持っている人は、意外と多いのではないでしょうか。トイレのつまりが起きれば、対処することはもちろん予防も大切です。つまりトイレのつまりが起こらないように注意しなければならないのです。トイレつまりの原因は排泄物やトイレットペーパーを流し過ぎたり、何かつまる可能性のあるものを流してしまったというようなことで起こります。しかし前触れがあることも多いので、そんな前触れが感じられたらプロに診断してもらうことも大切です。しかし実際には前触れもなく起こることも多いので、そんなときには焦らずに業者を呼ぶことを考えましょう。

前ぶれとしては以前から水を流すとゴボゴボという音がしたり、一瞬詰まったような状態になってから流れるようなことがあったり、どこかスムーズに流れないと感じることがあったりします。そんなときには近々トイレのつまりが発生する可能性が高いと考え、時間のあるときに業者の診断を受けましょう。トイレのつまりの原因を知ることで、今後の予防にもなります

トイレには水洗用のトイレットペーパー以外は絶対に流さないようにしなければなりません。柔らかいティッシュペーパーだったら大丈夫だと思っている人もいるようですが、ティッシュペーパーは水に溶けにくいのでつまる原因になります。また猫の砂もトイレに流せるタイプのものもありますが、1回に流せる量は極少量です。ついつい多く流してしまうと、つまりの原因となるので注意しましょう。また生理用品を流してしまうのは当然アウトですが、最近はお年寄りのオムツパンツの脱ぎ着でゼリー状のものを落としてしまうなど、つまる原因は意外なところにあります。